50歳だから出来る転職 | キャリア戦略ガイド

*

50歳からの転職は成功するか?求められる事とは

リクナビNEXT[転職の足がかりに!]
詳細
★★★★★
無料で利用できる高機能転職サイト。登録せずとも十分情報の閲覧は可能だが、会員登録することでさらに効率よく情報を探したり、便利な機能を活用できる。
利用者の声
良かった
若い人向けなのかなと心配していました。リクナビNEXTは社会人として終盤に差し掛かった50歳転職を目指す私も使うことができました。自分で仕事を見つけて応募しなければなりませんから大変さはありますけれど、収入とキャリアを上昇させることもでき、そういう意味では恩人とも言える存在なのかもしれません。
良かった
一部企業に限られるようですが、求人概要と一緒に求人メッセージが表示され、それによって企業のことをさらに踏み込んだ形で知ることができるのはリクナビNEXTならではだと感じます。これも数は限られますが、会社説明会の告知などもあるため、検索型にしては相当情報の提示量が多いサイトだと感じました。
良かった
使っては乗り換え、使っては乗り換えを繰り返してリクナビNEXTに辿り着いた。ここは、他の求人検索サイトへの乗り換えを検討する必要がない。情報の更新も多いしその量も別格。それでもすぐに再就職までいけたわけではないけど、頑張りたいという気にもさせてくれるコラムなどにも助けられた。
普通
恥ずかしながら転職活動の回数と期間はかなり多く、長い方と自負しておりますが、そうした私の目から見ると、リクナビNEXTは同様なサービスの他社サイトと比較したところ、少々良質といった程度でしょう。好みでしょうが、悪くはないものの、ここを使えば万事OKということではないような気がします。
普通
それなりに年齢がいっているもので、情報過多であると共に、マイページやスカウトなど、少し馴染みがなく戸惑う機能が多々あったことは否めません。50歳転職者にも少々配慮したシンプルな作りであったり、そうした年代の人が使い易い新たな機能が備わるとリクナビNEXTは完璧なのかなと思った次第です。


af9960003928l
<30代、40代とは違う就職活動を>

 50歳を過ぎて転職するということは、かなり大変なことです。30代に比べて、40代になると求人もグンと減ってきます。ましてや50代となると、就職活動をする前から途方にくれてしまう方もいるかもしれません。

 書類審査で落ちてばかり・・・面接までもこぎつけられない。そんな時は、まずはやり方を変えましょう。30代・40代と同じような活動をしていては、企業側も採用してくれる訳がありません。

 では、どのような違いをアピールするか?20代の若い世代と違い、即戦力が求められるのは言うまでもありません。40代になると、それにプラスして部下をまとめ上げるマネージメント力も求められます。

 では50代はどうでしょう?もちろんマネージメント力も求められますが、これからの会社を背負っていくには50代という年齢は少し遅すぎます。過去の肩書き、プライドなどを捨て、自分より若い上司に仕える姿勢を見せることも大事になります。

<大事なのはパーソナリティ>

「キャリアのVSOP」
こんな言葉をご存知でしょうか。各年代で必要なキャリアを高級ブランデーの等級、「VSOP」にかけた言葉です。

★ここがポイント!

  • V 20代はバラエティが大事
  •     → がむしゃらに、多彩な方面の知識を身につけること

  • S 30代はスペシャリティが大事
  •     → 身に付けた知識の中から、専門性を高めること

  • O 40代はオリジナリティが大事
  •     → 専門性だけでなく、そこに自分の培ってきた経験・自分らしさを加えて高めること

  • P 50代はパーソナリティが大事
  •     → とにかく人間性が大事になります。いわば、人生の集大成が試される

 これまでの社会経験、自分がどのようなことに力を入れて、それを成し遂げるためにどのような努力をしてきたか。それを上手にアピールして、「この人と一緒に仕事がしたい」、そう思わせるような人間性が必要になります。

<独立も視野に>

 さて、いくら頑張ってもやはり50代という年齢は、企業にとってはどうしても欲しい年代ではありません。自分のやりたい方向と、企業が求めている人材にギャップを感じることもあるでしょう。また、新しい会社に就職できても、あと何年働けるか・・・と言う不安もあります。

 これまでの経験、スキルを活かし、独立企業するということも視野に入れてみてはいかがでしょうか。当然、資金の問題や不安もあるでしょうが、年齢的にはリミットはないというメリットもあります。

 まずは自分を見つめ直し、これからのビジョンをしっかりと立て、後悔のない道を進んでいきましょう。

公開日:
最終更新日:2015/06/23